Steelseries Arctis 5
8.1Overall Score
定位9.1
音質6.5
装着感8.6
デザイン8.8
マイク7.5

Steelseries Arctis 5を購入しました

どうも、Universeです。

最近はやりのPUBGのためにゲーミングヘッドセットを購入しました。

その名もArctis 5。

プロゲーマーのStylishNoobさんが使用していることで有名ですね。

友人が先に購入し、「結構良かった」と言っていたので僕も購入してみました。



開封の儀

ヨドバシカメラで定価購入しました。

新品で購入すると1年保証が付いてきます。

それでは開封。

シンプルに本体が一番上に見える形で入っています。

そして、本体がのっている黒いプラスチックをどかすと…

アクセサリーボックスが見えました。

同梱されているアクセサリーはこんな感じ。

アナログとUSB両方に対応しています。

また、USBの方にはボイスチャットの音量とマスター音量のバランスを手元で調節できるつまみが付いています。

そして取扱説明書。かわいい。

これで内容物はすべてです。

ヘッドセット本体はこんな感じです。

耳の部分が約90度回転します。

また、USBで接続するとイヤーパッドの縁とsteelseriesのロゴが発光します。

まあヘッドセットを頭につけてしまったら発光しても見えないので、あんまり意味ないです。



個人的評価

かなり厳しく評価します。

また、基本的にPUBGをプレイする視点で書いています。

定位

PUBGをプレイする皆さんは定位性が最も気になる点でしょうから、最初に話します。

定位に関しては満足です。

音がした方向がドンピシャで分かります。

ただし、SteelSeries Engine 3からDTS HEADPHONE:X 7.1をオンにすると、音がぼやけてしまい全く音の出所が分からなくなってしまいます。

 

イコライザー

公式サイトからSteelSeries Engine 3をインストールすることで、Arctis 5のイコライジングができるようになります。

シンプルで使いやすいイコライザーで良いと思いました。

ちなみにPUBGをプレイするときはこんな感じに設定しています。

低音はあまり重要ではないので、足音やリロード音などが聞こえる中高音域を大きめに設定しましょう。

このように設定することで、結構遠くの足音でも聞こえます。

ダイナミックレンジ圧縮はお好みでいいです。

 

音質

ハッキリ言って期待外れです。

薄い壁が2枚くらい間にあるように感じられる音質です。

普通のヘッドホンの5000円レベルの音質ではないでしょうか。

音楽や映画鑑賞用に購入するのはおすすめできません。

まあゲーミング用なので仕方ないのでしょうが、公式で「300ドルクラスのフラグシップヘッドセットに使用されるパワフルかつ歪みのない高音質スピーカードライバーを搭載。」と宣伝をしている以上、もう少し頑張ってほしかったです。

普通にゲームする分には支障はほぼ無いので、良しとします。

 

装着感

かなり良いです。

長時間つけていても疲れにくいので、PUBGのような長時間集中するゲームに非常に向いています

個人的にはもうちょっと側圧が欲しいところですが、頭のサイズや耳の形は人によって異なるので完璧に万人に合わせることは無理でしょう。

ちなみにこの価格帯のヘッドセットで、装着感を重視して選ぶならSennheiserのGSP 300がおすすめです。

GSP 300は側圧がしっかりしているのに、イヤーパッドの性能が良いので全く疲れません。

 

デザイン

普通、ゲーミングヘッドセットは外でつけると恥ずかしくなるようなデザインをしていますが、このArctis 5はシンプルなデザインで外でつけていても全く恥ずかしくありません。

むしろ洗練されていてかっこいいデザインです。

電車で音楽を聴いたりするなど、普段使いもしたいという方にはおすすめです。

 

マイク

マイクは使用していないので、試してみたらまた評価を追加します。

 

総評

以上、様々な点をかなり厳しめに評価してきました。

音質に期待すると少しがっかりするかもしれませんが、ゲーム目的であればほぼ問題ありません。

定位性、イコライザー、装着感などは非常に高いレベルでまとまっており、PUBGの戦績を上げるにはピッタリのヘッドセットでした。

とてもオススメのヘッドセットです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No more articles