クラウド、オンラインストレージを外付けドライブのように使う方法

こんにちは、Universeです。

今回はGoogle Driveのようなオンラインストレージを使って、PCの容量を節約する方法をご紹介します。

まずオンラインストレージを普通に使用すると、オンラインストレージ上に存在するファイルをローカルドライブにも置いておかなければいけませんね。

そのため、オンラインストレージはバックアップに使用することはできますが、外付けHDDのようにPCの容量を追加する目的で使用することはできません。

しかしドライブマウントアプリを使用することで、ローカル環境にはファイルを置かずにUSBメモリ内のファイルを操作するような感覚でGoogle Drive内のファイルを操作することができます。

▼Google Driveをマウントした画像

 

オンラインストレージをマウントする方法

今回は例として、Google DriveExpanDriveを使用します。

Google Driveをまだ利用していない方はこちらから登録してください。

ExpanDriveのダウンロードはこちらから。

ExpanDriveをダウンロードしたら、お使いのOSに合った方法でインストールしてください。

Windows版とMac版の両方を試しましたが、特に難しい点がなかったのでインストールの手順は割愛します。

インストールしたらExpanDriveを起動して、Google Driveを選択してください。

選択するとGoogleのログイン画面が出てきますので、お使いのアカウント情報を入力してログインして下さい。

▼ログインが完了したらこの画面になります。

ConnectをクリックするとGoogle Driveがマウントされます。

これで完了です。

 

まとめ

今回ご紹介した方法でPCにファイルを置かずに、オンラインストレージを外付けドライブとして使用することが可能になります。

PCの容量が節約できるのは大きなメリットですが、オンラインサービスの特徴として転送速度がインターネットの回線速度とサーバーの速度に依存するというデメリットもあります。

ネットの回線速度は自分でどうにかできますが、サーバーの速度は利用するサービスを変えない限り改善できないので、オンラインストレージ選びは慎重に行うことをおすすめします。

私のオススメはGoogle Driveです。

こちらの比較サイトを参考にしていただくとわかりますが、他のサービスに比べて安定した速度がでています。

他には国産のオンラインストレージであるTeraCLOUDもおすすめです。

Google Driveが1TBあたり1300円/月であるのに対し、TeraCLOUDは1TBあたり930円/月です。

速度はGoogle Driveに劣りますが、十分に高速なのでおすすめです。

 

参考

ドライブマウントアプリは複数あるのですが、私のオススメはExpanDriveです。

ExpanDriveは動作がとても安定しているからです。

他にもWebDriveやCloudMounterを利用しましたが、あまり安定して動作しませんでした。

また、ExpanDriveは他のアプリに比べて通信が速いです。

同じ画像を読み込む時間を測って比較したところ、ExpanDriveが他のアプリの2倍の速さで読み込みました。

ドライブマウントアプリは他にもいくつかあるので比較サイトのリンクをはっておきます。

WebDAVサーバー をローカルディスクのようにマウントできるツール

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No more articles