お久しぶりです。Universeです。

しばらくぶりの投稿ですが、今回はXbox Elite Controller(エリートコントローラー)のLB/RBの修理方法を解説していきます。

先日、SteamのフレンドからElite Controllerを譲ってもらったのですが、すぐにLBがパカパカするようになったので、Amazonで修理キットを購入して、自分で直してみました。

けっこう簡単にできたので、もう一つ新しく買おうとする前に自分で修理を試みると、安く済むかもしれません。

私はEliteを修理しましたが、One Controllerも同じ構造なので参考になると思います。

 

準備

用意したもの

  • 新しいLB/RBバンパー

Amazonで購入しました。私が選んだこちらの修理セットには必要な特殊ドライバーも付属しているのでおすすめです。

 

  • T8ドライバー

Xbox Controllerに使用されているネジを回すには、T8ドライバーという特殊なドライバーが必要になります。

私が購入した修理セットにはT8ドライバーも付属していたので、それを使用しました。

 

  • マイナスドライバー

幅が広めのマイナスドライバーをヘラがわりにして使用しました。

コントローラーのグリップ部分のプラスチックカバーが、かなり強固に粘着しているので、ヘラとして使用するものはマイナスドライバーのような頑丈なものがオススメです。

 

Step1, バッテリーケース内のシールを剥がす

爪で剥がそうとすると怪我をする可能性があるので、なるべくヘラなどを使います。

シールは左半分もしくは右半分を剥がすようにします。

 

Step2, シールの下にあるネジを外す

T8ドライバーを使用して、シール下にあるネジを外します。

この形状のネジ穴はナメやすいので、しっかりとドライバーを押し込みながら回すことが重要です。

外したネジは無くさないように保管しましょう。

私はネジの配置を忘れないように、このように管理しました。

 

Step3, グリップカバーを外す

グリップカバーを外します。

かなり強固に張り付いているので、カバーが割れてしまうのではないかと思うくらいの力が必要になります。

爪で剥がそうとすると怪我の元になるので、マイナスドライバーやヘラを使用しましょう。

 

Step4, ネジを4箇所外す

左右2つずつ、計4つのネジを外して保管します。

これで前面カバーが外れるようになりました。

 

Step5, LB/RBバンパーを交換

バンパーの真ん中を持ち上げるようにして外します。

外す時にパキッという音がします。

交換するバンパーは、はめ込む前に組み立てておきます。

外した時と同様にして、はめ込みます。

サイズはぴったりか、もしくは少しタイトな気がします。

あとは分解と逆の順番で組み立てれば完了です。

お疲れ様でした!

オリジナルと比較してみました。

色や質感は少し違いますね。

形も少し違うので、コントローラーを握った時に違和感を覚えました。

しかし、ほんの少しの違いなので慣れます笑

わずか500円ちょっとで1万5000円のコントローラーが直ってしまったのでかなりお得でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No more articles