アップデートで続々実装予定!

FPS視点限定サーバー実装

PUBGの公式Twitterアカウントで今後のアップデートで実装予定のコンテンツを紹介しました。

和訳:みんな、いい知らせがあるよ!FPS視点限定サーバーが次のマンスリーアップデートで実装されるよ!

TPSだとポジションによっては一方的に相手の姿を見ることが可能でしたが、FPS視点限定だと相手を確認するためには自分の頭を出す必要があります。

これは、今までよりもさらに音の重要性が上がることを意味します。

音環境を整える方法はこちらの記事で紹介しています。

またTPS視点だとエイムダウン(サイトを覗くこと)しなければ、それほどリコイルの影響を感じることはありませんでしたが、FPS視点だとリコイルによる視点のブレの影響が大きく出るでしょう。

こういった意味では、初心者さんには結構厳しいゲームモードになるのではないでしょうか。

 

また、ユーザーのツイートに対し、公式Twitterではこのような発言もありました。

和訳(ユーザー):FPSでプレイするとめまいがする。まだFPSでのプレイには最適化が足りないんじゃない?お願いだからFPS視点を強制する前に調整しておいてね?

和訳(開発):リリース前までにFPS視点の改善に取り組んでいるよ!あと、FPS視点のサーバーでプレイすることは強制しないよ!(継続してTPS視点のサーバーも稼働)

FPS視点の操作性が改善されるのは改善されるのは嬉しいですね。

ソース:PUBG is getting first person-only servers this month

 

フルボディカスタマイズが可能に!

今後のアップデートで、タトゥーを入れるなどのボディーカスタマイズが可能になることがわかりました。

こちらのサイトでカスタマイズシーンを動画で視聴できます。

PlayerUnknown’s Battlegrounds to Add Full Suite of Character Customization Options Soon

動画の内容を少しだけ和訳すると、「タトゥーを入れることが可能になる」「衣服用に自分のロゴを作成可能になる」「様々なコスチュームを追加する」というものです。

当然、肌色や顔のプリセットはこれまで通り選択可能です。

少しずつ進化していくPUBGの今後が非常に楽しみに感じられるアナウンスでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No more articles