【TOEIC日記1】 TOEICを初受験してきます!

スポンサードリンク

次回3/12に行われるTOEICを初受験します!

簡単な私の英語スペック
  • 現役大学生(MARCHのA)
  • 彼女が英語ネイティブ
  • 毎日海外Youtuberの動画を視聴(勉強としてではなく暇つぶしで)
  • ブログ記事を書く時に英文記事を頻繁に読む
  • 英語に対して関心が強め(留学したいなー)

こんな感じです。

まあ一般的な大学生ですね。

彼女が英語ネイティブといっても普段は日本語で会話していますので、日常英会話がペラペラとかそんなんじゃないです。

頻繁に視聴しているお気に入りのYoutuberが英語圏の方です。

ただし全部聞き取れるわけじゃないので、Youtubeの自動字幕生成機能を使って英語字幕付きで視聴しています。

ブログのネタの鮮度を保つにはやはり国内でネタを探すよりも、海外の情報サイトを見たほうが簡単なのでよく英文記事に目を通しています。

私は前々から留学したいなーと考えているため、英語への関心はそこそこあります。

なので頑張って英文を読んだり、英語を聞き取ったりするのは嫌いじゃありません。

嫌いどころかむしろ英語に触れるたびに、「こんな表現もあるのか!」「この間覚えた表現だ!」と楽しんでいます。

なぜTOEICを受けるのか

就活です。

私も今年から大学三年生になるのでもう就活を始めなければいけない時期です。

(もっと遊んでいたい…)

いい企業から内定をもらうために自分のPRポイントを作らなくてはなりません。

そこでPRポイントの一つとしてTOEICを選びました。

TOEICのメリット
  • 評価されやすい
  • コスパがいい
  • 面接が終わっても腐らないスキル

人事のおじさま方の多くは英語コンプレックスを抱いているので、TOEICは就活で評価されやすいです。

また、TOEICは他の資格(簿記やFP)に比べてコスパがいいです。

少ない勉強時間で高得点(=人事から高評価)が可能です。

しかも英語は幅広い分野で活躍します。

超ドメスティックな企業に入らない限り、理系だろうが文系だろうが仕事で英語を使います。

また私生活でも旅行したときなどに使えますね。

以上の理由からTOEICを勉強することにしました。

TOEIC得点計画

TOEICで高得点するために
  1. 実力把握
  2. 目標設定
  3. 学習計画
  4. 計画実行
  5. 計画見直し
  6. 計画改善
  7. 以降4~6の繰り返し

まだ私はTOEICを受験したことがないので一体何点くらいとれるのかわかりません。

だからといって闇雲にTOEICの勉強をしても効率が悪いので、まずは自分の対TOEIC英語力をはかってみました。

インターネット模試という簡易版のTOEIC試験を受けると大体自分がどのレベルなのか判定されます。

まったくの未対策の時点でいくつかネット模試を受けたところ、700点レベルくらいと判定されましたので、自分は650~700点のレベルだと想定してこれからの学習計画を立てます。

まあ一般的な大学生レベルですね。

外資系企業のエントリーのTOEIC点数の足切りが800点程度なことを考えると少なくとも100点以上は伸ばさなければいけませんね。(こりゃ大変だ)

とりあえず就活では860点あれば充分だと言われているので、860点以上を目標にします。

とりあえず書店に行って買い揃えたのがこちらの書籍です。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

TOEICを主催している団体が作った問題集です。

おそらく本番に最も近い問題を扱っています。

まずはこの問題を本番同様に時間を計って解き、苦手の把握をします。

また、リスニングパートはこの問題集を使って勉強します。

とにかく、ディクテーションとシャドーイングを何度も繰り返してTOEICのスピードと文章の癖に慣れるようにします。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEICで使う単語帳はこれだけで充分だと判断しました。

本番でよく見かけるフレーズがたくさん載っていて、まさにTOEIC語彙の特効薬といった印象です。

片手サイズなので机に座らなくてもできる気軽さが気に入りました。

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

上の金フレと同じシリーズです。

こちらは単語ではなく文法問題集です。

文法をTOEICに出る順にまとめたもので、網羅系の文法書よりも効率良くTOEIC対策ができます。

こちらも片手サイズで便利です。

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

2冊めの文法書です。

上の文法特急だけでは対応しきれないと考え、サプリメント的用途で購入しました。

この文法書は分野別学習できるので、文法特急や公式問題集を解いて苦手と判断した分野だけを補強するために使います。

どうしてもこの本の解説で納得できない時は、Forestという文法書(中学生のときに買わされた分厚いやつ)を辞書的に活用しています。

とりあえず最初はこの4冊に絞って勉強してみます。

ちなみに文法特急は1日でまるまる1冊終わったので、いまは何周も繰り返して知識の定着の作業をしています。

単語は15分で100単語のペースで進めています。

少なくとも3/12の試験までには単語を完璧にしておきたいです。

またつぎのTOEIC日記で詳しい参考書の使い方を説明しますね。

See you!

スポンサードリンク