TP-Link AC1200 C55
8.2Overall Score
快適さ9.2
外観7.4
サイズ6.7
設定の分かりやすさ9.6

TP-Link AC1200を購入しました

先日、自宅の無線LANルーターをBUFFALOのWHR-600DからTP-LinkのArcher C1200へ替えました。

購入してみた結果、安定&高速ネット環境で大大大満足です。

BUFFALOからTP-Linkへ買い換えた理由

もともと使用していたBUFFALOのルーターは有線LANポートが100Mbpsまでしか対応していなかったため、せっかくの回線速度が活かし切れずにいたのでTP-LinkのGigaポート対応のAC1200 C55に買い換えました。

日本ではTP-Linkというブランドはあまり知られていませんが、ネットワーク製品では世界の40%ほどのシェアを誇るメーカーです。(世界一!)

海外のレビューを見ても、非常に評価が高いので信頼できるメーカーだと分かります。

一方、私がこれまで使用してきたBUFFALOは日本国内では非常に高いシェアを誇るメーカーですが、個人的に初期不良が多い(私の運が悪いだけ?)印象があり、今回は別のメーカーにしたいと思っていました。

そのため、TP-Linkが最近Amazonで大人気なのを知りBUFFALOからTP-Linkに乗り換えることを決めました。

 

外観

写り込みがあってすみません;;

Wi-Fiの電波を飛ばす大きなアンテナが3本あります。

 

この3本のアンテナを見ていると、なんとなくディズニーキャラクターのトゥイーティーに似てる気がしてきませんか?

「………。」

 

してきませんね。

 

通信規格は11ac/n/a/g/b 866+300Mbpsに対応しています。

Wi-Fiの規格は簡単に言うと(高速最新) ac > n > a > g > b (低速旧型)といった感じです。

最近のスマホやPCはacに対応していることがほとんどですので、ルーターもacに対応している方が良いということです。

手持ちのメジャーで測って見たところ、大きさは約24cm×約16cmでした。

サイズに関して言うと、今まで使っていたルーターが縦置きタイプだったのでかなり幅を取っているように感じました。

表面はピカピカのブラックで高級感のある作りです。

黒光りする様はまるでゴキブr
前面には緑色に点灯するアイコンがあります。

美味しそうなオレンジ色をしたギガ対応の有線LANポートが4つあります。

全てのポートが1Gbps対応ですので、有線接続では高速なネット環境を実現できます。

Ethernetポートがオレンジ色だったのに対してInternetポートは青色になっています。

分かりやすくていいですね。

Internetポートの他にUSB入力もあります。

USBはプリンターなどと繋ぐ際に使います。

この他の細かい仕様や性能に関しては公式ホームページを参考にしてください。

 

初期設定の手順

5分もかからずにサクッと設定できますので、機械系が苦手な方もご安心ください。

AC1200の設定はPC/MAC/iOS/Androidから可能です。

iOS/Androidではアプリを使用して設定します。

初期設定はアプリでやった方が簡単なので、今回の手順解説ではアプリを使用する前提で話します。

1, アプリをインストール後、モデムと電源を繋ぐ。

私はAndroidユーザーなので、Google Play Storeから「Tether」というアプリをインストールしました。

iOS版はこちら

アプリをインストールしたら、次はモデムとルーター本体をLANケーブルで接続し、ルーター本体の電源をオンにしましょう。

電源コードをつなげただけではオンにならないのでボタンを押すのを忘れないよう注意です。

 

2, スマホをWi-Fiに接続する。

オンにしたら、スマホをWi-Fiに接続します。

おそらくWi-Fiの名前はTP-Link_xxxx(xの部分は個体によって異なる)になっていると思います。

パスワードは本体の裏面に書かれているものを入力してください。

 

3, アプリでパスワードと接続タイプを設定する。

接続したらTetherアプリを開いてデバイスを選択します。

Wi-Fiのパスワードを設定する画面になりますので、他人に分かりにくいパスワードを作成してください。

次の画面ではインターネット接続タイプを聞かれますので、Auto Detect(自動検出)を選択。

以上でWi-Fiの設定は完了です。

他にも細かく設定することはできますが、そちらはPC/MACでブラウザからやった方が分かりやすいと思います。

ポート開放もラクラクです。

 

使用感

以前使用していたBUFFALOのルーターとの比較になります。

速度

速度は有線でも無線でも明らかに上がりました。

うちではJ:COMの320プランを契約していますが、以前は有線で35Mbs、無線で15Mbpsくらいでした。

ルーターを交換したあとは、有線で180Mbps無線で150Mbpsくらいまで出るようになりました。

有線では約5倍、無線では約10倍の速度向上が見られます。

 

安定性

以前のBUFFALOはルーターが置いてある部屋から出ただけで電波が3本中2本になったりしていましたが、TP-Linkのルーターは家の外に出ても電波表示がビンビンに立っています

それはもうビンビン♂に。

AC1200では2.4GHzと5GHzの電波が選べます。

2.4GHzの方は最大速度が遅い分、障害物があっても強力な電波が保てます。

5GHzの方は最大速度が速い分、障害物に弱いです。

私の家の場合は部屋を1つ挟んでも電波はビンビンですのでよほど大きな家に住んでいない限りは5GHzの方でいいと思います。

 

まとめ

私はこのルーターを購入して大満足の環境を得られました。

自宅やオフィスのルーターが古くなっていてネット速度が遅いと不満に思っている方は、TP-Link AC1200を検討してみてはいかがでしょうか?

AmazonでAC1200の最安値をチェックする

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No more articles